車売却に備えて整備手帳の紛失に注意

車の売却時には、用意しておいた方が良い書類が数点あります。その中の1つは、説明書ですね。車のダッシュボードなどに、それを収納している方が多いのではないでしょうか。

実は説明書がなくても車の査定を受ける事は可能です。しかしそれがある方が、買い取り金額は高めになってくる訳ですね。 それと車の整備手帳もあります。自動車というのは、1年置きなどで点検を受けなければなりません。車検と同じようなものです。

その点検を受けた時には、整備手帳と呼ばれるものに履歴が残る事になるのです。その整備手帳も、説明書と同じく買い取り金額に影響があります。もっとも整備手帳も説明書と同じで、それが無くても査定を受ける事は可能なのですが。なお整備手帳というのは便宜的な言い方であり、業者によってはメンテナンスノートと呼んでいる事もあります。 ところで説明書と整備手帳には、根本的な違いが1つあります。紛失時の対応です。

実は説明書は、紛失しても対応できる場合が多々あります。なぜなら車の各メーカーは、その説明書をダウンロードできるためのツールを完備してくれているからです。ですので万が一説明書を紛失しても、ダウンロードする事で対応は可能なのです。

ところが整備手帳の場合は、ダウンロードができません。整備手帳は1つしかないのです。またその手帳は、再発行する事もできません。

ですので整備手帳は、説明書以上に厳重に保管をするべきだと思います。説明書の場合は万が一なくしてもダウンロードできるので何とかなりますが、整備手帳はなくしてしまったら再発行もできないからです。査定金額にも影響がありますし、普段から整備手帳は厳重に保管をしておいた方が良いでしょう。